スリップノット、アーティスト衣装のクリーニングを手掛けてきた人物が最も洗いづらい衣装だったと語る

1: 2019/01/30(水) 22:34:36.48

2019.1.25 金曜日
スリップノット、アーティスト衣装のクリーニングを手掛けてきた人物が最も洗いづらい衣装だったと語る

長年、伝説的ミュージシャンの衣装のクリーニングを手掛けてきた人物がスリップノットの衣装がこれまでで最大の挑戦だったことを明かしている。

ハンス=ユルゲン・トプフは1980年代に、世界各国のツアー・アーティストにクリーニングを提供するロックンロール・ランドリーをドイツで設立している。設立以来、彼はこれまでにビヨンセやU2、エルトン・ジョン、マドンナらの衣装のクリーニングを手掛けてきたという。

クリーニングのクオリティやそのスピードの早さに定評のあるハンス=ユルゲン・トプフだが、スリップノットがステージで着た衣装を洗うのは格別に難しかったと語っている。予想通りではあるが、彼らの衣装にはパフォーマンス中に使ったおびただしい量の血や血糊が付いていることが多いのだという。

「トプフがツアーに出るとなれば、ほとんど毎日をパフォーマーの衣装の洗濯に費やすことになる。そして、それらは大抵、小さな扇風機を使って空気で乾燥させなければならないのだ」と『ニューヨーク・タイムズ』紙は彼の特集記事の中で述べている。

「彼が担当したこれまでで最も汚れていた衣装について訊くと、スリップノットのオーバーオールを挙げている。ビールやクリーム、血糊が付いたまま、ゴミ袋の中に3日間放置されていたものだという」

ハンス=ユルゲン・トプフはまた、30年以上のキャリアの中でアーティストが衣装に入れっぱなしにしているものにも変化があったと語っている。

「昔はよくポケットの中にドラッグを見つけた」というハンス=ユルゲン・トプフだが、今はむしろ「ハーブティーのティーバッグ」を見つけることのほうが多いという。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

https://nme-jp.com/news/67560/

5: 2019/01/30(水) 22:39:46.78
>>1 最も洗いづらい衣装
確かに、だが、ワロタw

 

3: 2019/01/30(水) 22:37:54.78
GWARのほうが衣装凄いだろ

 

7: 2019/01/30(水) 22:43:12.98
>>3
血糊付きまくってるし洗うの大変そう

 

4: 2019/01/30(水) 22:37:58.11
というかクリーニング頼んでたんだ

 

6: 2019/01/30(水) 22:40:44.01
この衣裳の洗いやすさはどうかな?
slipknot ~BEFORE I FORGET~
https://www.youtube.com/watch?v=bnVd77BobJs

 

8: 2019/01/30(水) 22:44:51.53
コリィの今のマスクは何とかならんのか
埴輪のままの方が良かったな

 

9: 2019/01/30(水) 22:45:53.71
スリップノットが衣装をクリーニングして着回ししてるのが笑える

 

10: 2019/01/30(水) 22:49:52.77
ボーカルの首が太すぎ

 

11: 2019/01/30(水) 22:55:19.26
ウニ頭の人のライブ用マスクが頭を振ると棘がポヨポヨしてかわいい

 

14: 2019/01/30(水) 23:47:08.03
刺さりそうだしな

 

引用元:

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1548855276/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事