メタルとかいう他のいかなる音楽ジャンルとも融合可能な万能ジャンル

1: 2018/10/11(木) 22:08:07.118
最悪歪ませたギターで低音鳴らしてればメタルになるし何でも行けるよな

2: 2018/10/11(木) 22:11:58.425
ハオポジで録音したメタル

 

3: 2018/10/11(木) 22:13:35.689
トイポップメタル
4: 2018/10/11(木) 22:15:37.774
ジャズメタル
ハウスメタル
ファンクメタル

 

5: 2018/10/11(木) 22:16:17.805

>>4
https://youtu.be/m2mZVOd0jWY

とりあえずジャズメタルね

 

6: 2018/10/11(木) 22:17:10.790
ミニマルテクノメタル

 

7: 2018/10/11(木) 22:17:27.921
アンビエントメタル

 

10: 2018/10/11(木) 22:59:29.496
ケルトメタル

 

8: 2018/10/11(木) 22:24:56.136
エクストリームはファンクメタルを自称してたよね
1985年にドリームというバンドにいたゲイリー・シェローンとポール・ギアリーがヌーノ・ベッテンコートを勧誘し加入させ、バンド名をエクストリームに改め活動を開始する。その後1986年とその翌年の1987年と2年連続でボストン・ミュージック・アワードの最優秀ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・アクトを受賞し、89年5月アルバム『エクストリーム』でデビューする。エクストリームで一番の代表曲は “More Than Words”で、バンドはこの曲でBillboard’s Hot 100にて全米1位に耀いている。

前述の通り、このアコースティック・バラード・ソングである”More Than Words”が特に有名だが、基本的にバンドのサウンドはハードロックを基調としながらも、16ビートを刻むファンクの要素を取り入れた楽曲が主。 ファンク・メタルという新たなカテゴリーに括られることも多くそれはレーベル名とも成った。 テクニカルなヌーノのギターから繰り出されるリズミカルかつメロディアスなサウンドと、シェローンのパワフルなヴォーカルスタイルが特徴的である。

9: 2018/10/11(木) 22:35:52.316
>>8
個人的にはプライマスの方がファンクメタルだと思う
https://youtu.be/kY7jSesdxl0

 

引用元:

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1539263287/

ボサノヴァだって、フラメンコだって、メタルはなにとでも融合できる究極の音楽!?

ボサノヴァとメタルの融合 「フアスカ」

フラメンコとメタルの融合 「フラメタル」

チェリスト3人とドラマー主体による、異端的編成の弦楽重奏グループ 「アポカリプティカ」

https://www.m-on-music.jp/0000000253/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!







2 件のコメント

  • 1
    匿名 says:

    はぐれめたる

  • 2
    本音メタル says:

    ヌーノのエクストリームが2ndを出した頃は、彼のギターバッキングやソロが凄いとみんなこぞってコピーしていた「ギターソロ最後の時代」だったかもね。今や速弾きギターソロなんて大した値打ちもなく、誰も聴いていない…笑 (僕は好きだけど)
    音楽にとって何が大切か、時代が進んだ面はあるかもね。more than words にしても、当時はヒットしたが、ライブでやると外国ではフェスで客が帰るそうだ。日本では評価が高いが、個人的にはエンディングのライトハンドがゴミだと思う。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    Flying V

    管理人の連れ。 洋楽・邦楽問わずロックやメタル関連の話題をまとめます 個人的に自分の好きなバンド中心になりますが、 ご了承下さい(^^) 当方、日本を抜け出し海外で頑張るバンドを応援しています!