ラムシュタインやベビメタは例外に近い「英語以外の楽曲が全米で普及するのは難しい」

839: 2018/02/22(木) 19:24:52.06
ラブバイツなかなかいいサウンドで良かったぞ
頑張って欲しいね

 

840: 2018/02/22(木) 19:39:12.35
ラブバイツもバンドメイドも英語が下手くそって突っ込まれてるな
歌詞の中の決められた英文すらまともに発音できないんなら英語なんて使わなければいいのに

910: 2018/02/23(金) 00:23:06.81
日本人が英語で歌うというのがおかしい
そんなの向こうにいるだろう

 

936: 2018/02/23(金) 01:12:28.46
いやいや英語で歌うのは当然
べビメタやラムシュが特別なだけで
ヨーロッパ圏のバンドも母国語ではなく
みな英語で歌ってんだろ

 

949: 2018/02/23(金) 02:24:12.09

>>936
向こうは向こう
日本は日本
言語構造がまるでちがうんだから、英語で歌うのはダメだよ
英語で歌って成功したケースなんかないだろ
アニメの歌も、坂本九も日本語な

英語で歌うなど馬鹿げてる

 

951: 2018/02/23(金) 02:42:31.48
>>949
ヨーロッパもスコーピオンズもハロウィンも、みんな英語で歌ったからこそ成功したんだぞ
ラムシュタインやベビメタは例外に近い

 

954: 2018/02/23(金) 02:48:28.93

相変わらず極論が多いな
ベビメタが受けた受け入れられたからJPOPが受けるはずだ
ってなら坂本九以降でJPOPが受けてなきゃおかしな話
誰も受け入れられてないってのはそういう事
世界はJPOPを求めている訳じゃない
自分が慣れ親しんだ音楽に上乗せされる刺激や変化を求めている
要はJPOPと洋楽とのミックスのバランスが重要であって
猿真似でもダメだしかといって民族音楽メインになってしまってもダメ

それと英語で歌っちゃダメってのもこれまた違う
英語で歌えるなら歌った方が受け入れられ易いに決まってる

英語の文法や韻や完璧にネイティブで出来る
歌詞が書ける
じゃなきゃ海外じゃ通用しない

 

956: 2018/02/23(金) 02:51:23.10

>>954
非論理だな
坂本九が受けたから後も受けるとか、そんな理屈はないw
元がよくなきゃ話にならん

ただ言えるのは日本から英語で歌って受けた奴はいないって事
そんなの当たり前w
片言の言葉で必死に歌っても笑われるだけだ

 

560: 2018/02/25(日) 16:21:47.08
2016年のビルボードHRアルバム年間チャートでメタルレジスタンスは39位だった。
週間チャートの最高位と奇しくも同順位。
発売時期が似ている他のアルバムとチャートアクションを比較すると、メタルレジスタンス
の売上げがリリース時期の短期だったのが、それともロングセラーだったのかが分かる。
例えばメタルレジスタンスは最高位が39位で2週に渡ってチャートイン。
キッスのエースフレイリーのソロが最高位が24位で2週チャートイン。
それが年間チャートでベビメタ39位 エース45位と大きく逆転している。
これはメタルレジスタンスがチャート圏外に消えたあとも「エースのソロよりは」
地味に売れ続けたということを意味している。

 

561: 2018/02/25(日) 16:21:53.51
どっちが上だの何だのって比較好きな人が多いな。

 

562: 2018/02/25(日) 16:36:09.72
2016年に新作をリリースした中堅~若手メタルバンドではアモンアマースのJomsviking
がかなりのロングセラーになった。これは次作ではトップ10入りは間違いないということを
意味する。
また、BARONESのpurpleというアルバムが最高位70位 チャートイン1週という成績ながら
年間チャートでは41位。このバンドは知らないが、何らかの理由(作品の良さ、ツアーの評判)
でロングセラーになったということで次が期待できる。
メタルレジスタンスは各メタル媒体で絶賛されたゴジラのマグマ最高位13位 チャートイン2週
とほぼ同順位。アメリカツアーの効果もあって地味ながら売れ続けたと予想できる。

 

563: 2018/02/25(日) 16:52:47.55
2016年はメタルインジェクションで週間セールスを発表してくれた時期もあったが
2017年の全米売上に関して参考になるデータは皆無に等しい。
もっとも気になるのが2017年もメタルレジスタンスは売れていたのか?というポイントだ。
唯一のソースがワールドアルバム年間チャートで2016年3位→2017年10位とベビメタ
人気が全米でも定着しつるあるのは間違いない。
ただ同じ2016年リリースの韓国人ユニットBTSが同チャートで7位から9位と好調を
維持し、しかも複数枚リリースしていることを考えると、メタルレジスタンスがいわゆる
ロングセラーになったという言い方は難しいかも知れない。

 

576: 2018/02/25(日) 18:14:12.69
ビルボードhot100でこれまで1位を獲得した非英語圏のアーティストはのべ35組いる。
国別の内訳はABBAのスウェーデンが計7回 続いてドイツ6回 ジャマイカ4回
スペイン4回 キューバ2回 イタリア2回 その他の11カ国はすべて1回のみ、
この中に日本も入る。
しかしこの35組には英語以外の言語の曲はわずか4曲しかなく、その中にスキヤキも
含まれる。ビルボード60年の歴史で4曲だから、英語以外の楽曲が全米で普及するの
がいかに難しいことかよくわかる
アメリカはヒスパニックが増えてきているのでスペイン語のヒット曲が生まれるのは
今では珍しいことではないが、ドイツ語や日本語にはやはり大きな壁があるはずだ。
その困難を越えようとしているのがメタルバンドというのがこれまた面白い。
ラムシュタインとベビメタは音楽の希望だ。

 

604: 2018/02/25(日) 19:53:56.99
>>576
ほうこれは興味深い
ちなみにトップ10入りした非英語圏のアーティストまでは
流石に分からないか

 

612: 2018/02/25(日) 20:12:53.37
>>604
ここで拾ったデータです。
https://ameblo.jp/karl-m/entry-10839859976.html
やはりインストの1位というのが多いんですね。
ドイツの6回の内3回はあの悪名高きミリヴァニリ。
実際に歌っていないフロントマン2人を歌手として偽装して音楽界から抹殺されました。
口パクのミュージシャン、実際にライブで演奏しないロックバンドはやはり駄目なんです。
そんなものには誰も感動しない。

1988年にフェーリアンの本拠である西ドイツからデビュー。ヨーロッパ各国でのヒットを実績にアメリカへ上陸。アリスタ・レコードと契約、「Girl You Know It’s True」は全米2位、その後3枚のシングルは全米1位の大ヒットを記録する。ポップでダンサブルなサウンドと流行の兆しを見せていたラップ、モデルさながらのファッショナブルなルックスも手伝ってそのヒットは世界的に広がり、1990年には、グラミー賞の最優秀新人賞を受賞した。

ところがそのヒットが、フロントマンであるピラトゥスとモーヴァンを増長させる。2人は後にフェーリアンと対立、フェーリアンは意趣返しとばかりに彼らがレコーディングでは歌っていない、すなわち口パクであることを暴露したため大騒動となった。2人は記者会見でその事実を認めつつも 「Girl You Know It’s True」 の一節を歌ってみせるが、実際の歌声は記者たちの失笑を買うほどのものであった。一つのグループの中でフロントマンとヴォーカルが別人物であること自体は問題ではないものの、当初からそれを隠したままグラミー賞を受賞してしまったことで、賞は剥奪されレコードも廃盤となり、ミリ・ヴァニリは事実上芸能界から追放された。ミリ・ヴァニリ

613: 2018/02/25(日) 20:27:08.44
>>612
なるほど
非英語で歌って米国でチャートインさせるってのが
如何に至難の技なのかが分かるね

 

579: 2018/02/25(日) 18:20:17.54
失礼。ジャマイカは英語だった。
いわゆる非英語圏の白人の国(英米加豪新)以外でという意味。

 

580: 2018/02/25(日) 18:23:14.65
3rdが出るのは来年だから首長くして待とうや
新曲は今年中にちらほらとやるかもね

 

586: 2018/02/25(日) 18:35:21.09
もしアルバムが来年出るということならいいことは一つ、嫌な点もひとつある。
アルバムリリースまでにシングルをリリースすることで宣伝効果が広がる。
普通に今リリースすればおそらくビルボード200で20位以内といったところだろうが
前作と間隔をあけて新曲発表で飢餓感をあおることになれば初週でトップ10、あるいは
さらに上の順位も期待できるかも知れない。
気になる点は全米ブレークするためには勢いというのが大事で、知名度がたかまりつつ
ある時期は作品を頻繁に出すことと、積極的にツアーに出ることが求められる。
どんな大御所もブレークするまでには2つの条件をクリアしている。
旬ということを考えれば今年中のリリースが良いかなとは思う。

 

588: 2018/02/25(日) 18:39:39.18
3rdは今年出ると思うけどね
いろいろあって予定が狂ってそうではあるが

 

589: 2018/02/25(日) 18:43:02.60
3rdは最高傑作になるだろう

 

594: 2018/02/25(日) 19:08:05.40
ベビメタ運営はビルボードとか気にしてないだろ
気にしてるならもっとプロモーション活動してるはず

 

598: 2018/02/25(日) 19:30:13.40
>>594
いやめっちゃ気にしてると思うよ
海外で売れてるってのがベビメタの日本での唯一のセールスポイントだから

 

631: 2018/02/25(日) 21:42:02.29
>>594
2年前の2ndは欧米の発売日(金)に合わせてリリースしたんだぞw
今年も発売するなら金曜日に世界同時発売だよ

 

引用元:

https://fate.5ch.net/test/read.cgi/babymetal/1519336820/

https://fate.5ch.net/test/read.cgi/babymetal/1518921961/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!







10 件のコメント

  • 1
    匿名 says:

    本気で売るつもりなら、米国の大手レーベルに移籍するだろね。例えば、今べビメタが契約してるマイナーレーベル(ソニー系列)と大手のワーナーなんかを比べると【田舎の商店街の駄菓子屋】と【大都会のど真ん中にある大型百貨店】くらい販路に差があるから

    • 1.1
      匿名 says:

      事務所としては当然ながら外国でも本気で売ろうとは思ってるだろうけど
      でもやっぱ大手レーベルとなると
      ベビメタそのものを向こうナイズドされちゃうってとこがあるのかね。
      宇多田の向こう向けの曲とPVは実に残念だった。
      ベビメタはあぁなって欲しくないし 特にコバはそう思うだろうなぁ。

  • 2
    匿名 says:

    現時点で契約してる海外レーベルは、マイナーレーベルってだけではなく、販売のみの契約なんで、レーベルがプロモーションを一切やってないんだよね。この状態でビルボードTOP40に入ったこと自体が凄いし、もし大手がプロモーションやってたら、絶対にTOP20くらいには入ってたと思うが。日本語で歌ってるにもかかわらずだよ。

  • 3
    匿名 says:

    日本の場合は広告代理店、ひいては電通次第なんだけど、欧米の場合は本当にレーベル次第だからな~ それこそフェスでの位置付けから何から、全ての扱いがレーベル次第で、まるで変ってくるから

  • 4
    匿名 says:

    欧米で広い人気を得ようと思うならやっぱ英語詞の方がいいだろう。

    片言だとダメ ってのはその通りだと思うけど、
    でも映画とかでの「セリフ」の場合はかなりネイティブに発音出来なきゃダメだと思うけど
    歌詞だったらセリフくらいのネイティブさでなくてもいいよね。
    外人さんが歌う日本語詞もそんなに違和感ないし。

    だからすぅちゃんの英語力にかかってる ということなのかもしれない。

  • 5
    匿名 says:

    Amuseによる現状のベビメタ海外戦略を見ると、欧米メタルシーンからの支持拡大路線。
    そこに留まらず英語圏で一般層からの認知/人気を狙う場合は、英語のキラーチューンは必須になる。

    個人的にはSu-さんは日本語歌唱に固執する必要は無いと思う。
    Su-さんの声は楽器的に非凡な鳴りを持っててライブでは特に強く刺さるので言語など些末な問題。

  • 6
    匿名 says:

    今どき一般層の知名度や人気上げたいならSNSでいかにバズるかで
    レーベルの大きさなんてそんなに大事じゃないでしょ
    ヒップホップがロックの売り上げ上回ったのも ヒップホップ連中の方がSNSうまく使って要って
    今のメジャーシーンではロックより人気あるし 
    そもそもベビメタだって外国の人たちの最初のきっかけはSNSでしょ
    なのでベビメタも手っ取り早く知名度上げるなら
    向こうの今人気のヒップホップ連中と絡んで ラップメタルでも出してみれば 
    ミーゴス ドレイク ケンドリック・ラマー カーディ・B
    もしこの辺と絡めたらマジであっという間に知名度は上がるよ まあ無理だろうし
    人気が出るかメタル界隈の連中がどう思うかは別かな ポスト・マローンならいけるかも

  • 7
    匿名 says:

    知名度とフェスでの扱いや格付け、ギャラとかは全くの別物だよ。ピコ太郎を見てみろってのw 知名度がありさえすれば音楽が売れるってのなら、AKBはヲタ専になんかならず一般層も買ってるだろうし、握手なんかやらずに済んでるっての。それにメタルやロックは知名度だけで売れるような音楽じゃないし、何よりSNSは、仕掛けた人間の情報操作に踊らされてるってのは、」これは日本も欧米も一緒だよ。日本の場合は広告屋、欧米はレーベルが仕掛人っていうだけの違い。情報操作で流行を作って、それに踊らされるのが大衆ってもんだ。

  • 8
    匿名 says:

    むかーし、ケントギルバートだったかが、
    「英語で歌うんなら発音完璧か、どんだけ訛っててもネイティブでなきゃ売れない」
    つってて、なるほどなあと思った。

  • 9
    匿名 says:

    ベビメタが売れたのは海外の人たちが見たことも聞いたこともないことをやっていたからだよ
    新しいジャンルだから受け入れられたわけで英語とか関係ないから

  • コメントを残す