インドネシアの大統領はメタラーwww

777: 2018/02/22(木) 13:04:00.89
インドネシアとかイスラム教なのにメタルとか大丈夫なのか?

 

782: 2018/02/22(木) 13:11:35.76
インドネシアはデスメタル大国だよ

 

783: 2018/02/22(木) 13:15:25.06
>>782
マジかw
それって、ハラルなの?w
786: 2018/02/22(木) 13:24:03.25
インドネシアはメタル大国で大統領からしてメタラー。
メタリカとか多くのバンドが公演やってる。
ベビメタが公演やっても金払えるやつがいるのかみたいなこと言われてるのは認識不足。
俺は以前アニメフェスなんかに出ちゃってJ-popアイドルという印象を残した事が今後足を引っ張ると思う。

 

790: 2018/02/22(木) 13:28:53.06
>>786
ターゲットにしていない国だから別にいいんじゃないの。

 

798: 2018/02/22(木) 14:53:55.44

国没収のメタリカCD、大統領が買い戻す インドネシア

インドネシアのジョコ大統領がこのほど、当局に国家資産として取り上げられた米国の人気ヘビーメタルバンド「メタリカ」のアルバムを、1100万ルピア(約8万7千円)を払って取り戻した。デンマーク首相からのプレゼントだったが、汚職防止に関するルールに引っかかるため、所蔵できないでいた。

アルバムは、メタリカの傑作「マスター・オブ・パペッツ」(邦題「メタル・マスター」)をリマスターして昨年11月に発売したデラックス・ボックスセットで、レコードやCDが十数枚入っている。

昨年11月にインドネシアを公式訪問したデンマークのラスムセン首相が、ジョコ氏がメタリカの大ファンだと知り、同国出身のドラム担当ラーズ・ウルリッヒさんにサインしてもらって手渡した。

ジョコ氏は「私の好みをご存じだ」と喜んだが、公務員が無料で品物を受け取るのを禁じる規定があるため、国家汚職撲滅委員会(KPK)に提出。アルバムは国家資産になっていた。

同じアルバムは日本では3万円台で購入できる。KPKが設定した値段の根拠は不明だが、ジョコ氏は異議を唱えず1月末に支払い、ようやく自分のものにしたという。

引用元:

https://fate.5ch.net/test/read.cgi/babymetal/1518921961/

“ヘヴィメタル大統領” インドネシアに颯爽登場

メタリカ、メガデス、ラム・オブ・ゴッド、ナパーム・デスなど、へヴィ・メタル・バンドのファンであることを公言していたジャカルタ特別州知事、ジョコ・“ジョコウィ”・ウィドド氏が、投票総数53.15パーセントを獲得し、インドネシア次期大統領に決定した。大統領就任式は10月20日に行われる予定となっている。

このニュースを聞いたラム・オブ・ゴッドのランディ・ブライズが、自身のインスタグラムで喜びを語っている。「信じられないだろうが、皆さま、インドネシアの新大統領はメタルヘッドで、しかもラム・オブ・ゴッドのファンだ。いや、これはジョークじゃない。うん、写真も本物だ、そうなんだよ、彼はナパーム・デスにメタリカにメガデス、そしてラム・オブ・ゴッドのファンなんだ。

すげえ! 世界初のヘヴィメタ大統領誕生!

ジョコ・“ジョコウィ”・ウィドドはジャカルタ州知事で、以前は家具のセールスマンをやってて、貧乏な家に生まれたそうだ。そういう人が大統領選で勝ったんだ。

インドネシアの政治のことはあんまりよく知らないから、政治情勢についてはちょっとコメントしようがないけど、俺の見たところジョコウィは庶民の味方って感じがする。

ワオ。メタルヘッド大統領だぜ――誰も考えつかないよな? 素晴らしい。だって、想像できるか? スレイヤーのアルバムでどれがベストだと思います、なんてことを座って話せる大統領なんて、世界でたったひとりだ。まったく、こりゃたまんないね!

バリでサーフ・サミット開いて、俺を連れてってくれないかな。俺、外交官待遇にしてもらえるかもしれない」

現在53歳のウィドドは2012年からジャカルタ特別州知事を務めているが、2013年8月にはジャカルタで開かれたメタリカのコンサートに行っている。メタリカ4作目のアルバム『メタル・ジャスティス』発売から25年、そして混乱を極めたメタリカのインドネシア初公演からは20年以上を経てのコンサートだった。

「コンサートは楽しかった、満足している」と、公演後ウィドドは語っていた。「昨夜は羽目を外す人もいなかった。ジャカルタ市民はみな品位を保てることを彼らにわかってもらえただろう。秩序を乱すことなくロックを楽しむことが出来た」

これに先立つ2013年5月、ウィドドはメタリカのサイン入りベース・ギターを一時的に政府当局に引き渡さなくてはならなかった。単なる贈答品か、あるいは倫理規定に反するものかを政府側が判断するためだ。メタリカのベーシスト、ロバート・トゥルージロから送られたものだったが、公職員への贈答品に関する法律の規定により、ウィドドはこのベースを30日間政府当局に預けるはめになった。

https://rockinon.com/news/detail/106458?rtw

 

2014年の記事です

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!







5 件のコメント

  • 1
    草加一郎 says:

    大統領からしてメタラーか。なら、BMも当然、知っているだろうな。
    大統領がベビメタTを着ている写真がその内、伝わってくるかもな。
    ま、ああいう国って言うのは貧富の差が大きいからな。ジャカルタ辺りにはそれなりの金持ちは多いだろうからBMがライブやっても採算は合うだろうよ。
    フィリピンのアイツもメタラーっぽいよな。しかし、アジアが対象となるのはまだ先だろうな。
    尤も、大統領から招請されれば話は別だがな。

  • 2
    匿名 says:

    いいじゃん、表現の自由を重んじる素晴らしい大統領だよね

  • 3
    匿名 says:

    メタラーとか言っても、インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画をその後何の進展もない中国に受注させた無能ですぜ!w

  • 4
    匿名 says:

    redditのインドネシア人が言ってたけど、インドネシアはメタル大国であると同時にアイドル大国でもある
    で、残念なことにBABYMETALを支持しているネシア人はほぼアイドルオタクの人達
    現地メタラーのBABYMETALに対しての感覚はエリート連中に近い
    ネシアでライブやりゃ間違いなく光る棒で埋め尽くされるだろう
    本スレ786の認識が正しいんだろうな

  • 5
    匿名 says:

    >>BABYMETALを支持しているネシア人はほぼアイドルオタクの人達
    そりゃそうなるやろ・・ベビメタ見て一番印象に強く残る要素=超~ぅ可愛い!! だしw

  • コメントを残す