ピアノとストリングスの神が降臨 「NO RAIN, NO RAINBOW」 | べビメタだらけの・・・

ピアノとストリングスの神が降臨 「NO RAIN, NO RAINBOW」

「NO RAIN, NO RAINBOW」では、ピアノとストリングスの演奏も加わりドラマチックな演出の中で披露されるなど、20歳になり、初めて広島での公演を行うSU-METAL のストーリーとリアルがリンクするステージを、多くのオーディエンスが固唾を飲んで見守っていた。

https://www.m-on-music.jp/0000241100/

楽曲のプロローグとなる映像が流れSU-METALのソロ曲「NO RAIN, NO RAINBOW」に突入していく。

SU-METALは生のピアノとストリングス、そして神バンドの演奏に乗せて、情感たっぷりの歌声を届けた。https://natalie.mu/music/news/259377

87: 2017/12/04(月) 11:18:09.45

NO RAIN,NO RAINBOWは「1つの閃光が人々の光を奪い黒い雨が降った」「しかし止まない雨はない」
「前を向いて進むのだ」という主旨のイントロから始まり、自分が広島にいるのだと意識せざるを得なかった。
そこに鳴り響いたSU-METALの歌声は、美しく澄んでいました(泣)

さらに原爆ドームを訪れた後のライヴだったので
ここで一気に感情が湧き上がりました。
広島じゃなきゃならなかった。
中元すず香じゃなきゃならなかった。
それが今回のLegend-Sですね。

私は途中で気付いて感動しました・・・。
広島県人のすぅさんならではのストーリー。もしかしてすぅさん本人が書いたのでは?と妄想中です。

夕べの #BABYMETAL Legend-S、NRNRに出てきたアオギリ 。
原爆投下時は爆心地側が半分焼けたのに再生し、希望の象徴に。
夏に白と赤の花が咲く。
その種子から芽吹いた2世が同じくらいの大きさに育っていた。
そうか、「死と再生」をあらわしていたのか。
被爆樹木アオギリ

社会性を伴うメッセージを演出に取り入れることは、特に日本のアーティストは避けがち。
下手をすればいらぬ批判を招きかねない。
リスクをおかして「やる」と決断したKOBAMETALはじめ関係者一同の勇気と心意気に感服。

XX世代の女性3人組アーティストのライブでこれをやる事の意義たるや……。
重すぎるメッセージ性をさりげなく世に放つ姿勢は、まさにメタル。

原爆を投下されて壊滅した広島の街。現在の様子を見れば、確かに「絶望さえも光になる」のだと実感せざるをえない。
広島に生まれた、今月20歳になる歌姫がそう歌うことの説得力の凄まじさよ……。

BABYMETALファンにとって重要な意味がある場所や物はたくさんあるけど、これからはアオギリもその一つになるんだろうな。
ほとんどの人がその意味をよく理解しているようなので、とてと良いことだと思う。

 

90: 2017/12/04(月) 11:21:08.11

今回は紙芝居の演出が凄く良かった。広島を強く意識させる内容は勿論、「歌うことは運命、宿命、天命、使命」とした
SU-METALへのリスペクト満載の内容が素晴らしかったし、全編すぅちゃんが語るというのも思いが伝わってきた

15歳にして「わたしから歌を取ったら何も残らないと思います」と言い切ったSU-METALにふさわしい。

 

93: 2017/12/04(月) 11:24:00.97
NRNR後の長い拍手は鎮魂かなぁ

 

147: 2017/12/04(月) 15:26:46.75
念願の生NRNRを2日と3日で聴けた
ちょっと泣いた

 

引用元:

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1512544604/

ピアノの神 ストリングスの神 降臨 #BABYMETAL No Rain , No Rainbow pic.twitter.com/FohPmA1VXk

— BABYMETAL 大好き! (@babymetalfan1) 2017年12月3日

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!

grunge-metal

グランジ世代の元バンドマンが
BABYMETALと音楽NEWS、メタルのまとめしてます

7件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    2日の鳴り止まなかった拍手は機材トラブルが原因で次の曲が始まらなかったからだという話もある。
    だとしたら、、それこそまさに奇跡。そう思わせるくらいあの降り続く拍手は胸を打った。

  2. 匿名 より:

    現場にいたけど、それはある。でもそれ以上に、あのNRNRは文句なしに素晴らしい出来だったので、自然発生的なものだったと思う。あれをもし映像化しなかったら、KOBAの見識を疑うわ

  3. 名無し より:

    あの拍手はすごかったよなぁ。あんなに続いても全く違和感がないというか、当然くらいの勢いだった。

  4. 匿名 より:

    イントロにもう少しアレンジあると更に良かったけど、やっぱり本物志向の生はベビメタに合う

  5. 匿名 より:

    俺も何の疑問も持たずに、ずっと拍手してたな
    あのパフォーマンスを見たら、自然とそうなってたわ
    あの初日は、ゆいの不在が直前に発表されて、ライブがどうなるか分からん不安感
    すぅの聖誕祭&広島凱旋という特別感
    その事や入場した後に見た巨大なセットで盛り上がった期待感
    独特の緊張感があって、ベビメタ側もかなり入れ込んでたように感じたわ
    そんなのが入り混じった上に、すぅのパフォーマンスが炸裂して、トラブルなど偶然も重なって、あの状況が出来上がったんだと思う
    生ライブならではの偶然性が生んだ稀有なパフォーマンスで、あの現場に居合わせたことをキツネ様に感謝するわ

  6. 匿名 より:

    機材トラブルがあったとしても、あの自然な拍手の発生と長さは、歌そのものに魅入られてメイト達の自然発生的なものだと思うね。

  7. 匿名 より:

    http://www.babymetal-darake.com/entry/2014/08/18/000522

    NRNRに対する3年前の評価である。
    当時酷評したやつら、今頃どう思ってるのかな。

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status