読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べビメタだらけの・・・

BABYMETALと音楽のまとめサイト

オーストラリアのヘヴィ・ロック・バンド「ベラコール」がインタビューでBABYMETALに触れる

NEWS

 

f:id:lastseen1013:20160624020537j:plain

 

CHECK
オーストラリアのヘヴィ・ロック・バンド、ベラコールが、通算4作目となるアルバム『ヴェッセルズ』で日本盤デビューを飾った。エクストリームでプログレッシヴ、そしてメロディアスな音楽性は、欧米のメタルとは一線を画するもので、有袋類や巨大ワニなどと同様、オーストラリアならではの独自の進化を遂げた孤高のヘヴィ・サウンドを貫いている。

 

【インタビュー】ベラコール、豪州が育んだ独自進化のアトモスフェリック・メタル

 

 ──ベラコールのライヴにはどんな観客が集まりますか?

スティーヴ・メリー:俺たちの音楽はエクストリームなメタルだから、ワイルドな気分になりたくてやってくるキッズが多いけど、あまり暴れるタイプではないみたいだね。ヘッドバンギングもするけど、真剣に耳を傾けてくれる。音楽を暴れるための口実にはしないタイプが多い。メルボルンのファンはいつも盛り上がってくれるし、パースも熱狂的だ。シドニーの観客を乗せるのはちょっと難しいんだ。何故だろうな。これまでヨーロッパには3回行って、ドイツやチェコ、ポルトガル、ルーマニアでプレイしたけど、ドイツのメタル・ファンは凄くクレイジーになるね。『ヴェッセルズ』は俺たちの4枚目のアルバムだけど、新しいスタートだと考えている。このアルバムに伴うツアーで、どうしても行きたい地域が3つあるんだ。まずメロディック・デス・メタルの本場の北欧、特にイェーテボリでプレイしたい。それからもちろんアメリカにも行きたいけど、やはり一番ライヴをやりたいのは日本なんだ。俺たちにとって日本は決して遠くないけど、謎に満ちた国なんだ。J-POPというジャンルは聞くけど、バンドはあまり知らない。BABYMETALはオーストラリアでも有名だけどね(笑)。『ヴェッセルズ』は、俺たちを日本に連れていく交通機関(vessel)になると信じているよ。

 


 BE'LAKOR

f:id:lastseen1013:20160624020637j:plain

 2004年にメルボルンで結成されたベラコールは当初アット・ザ・ゲイツなどから影響を受けたというが、約1年のあいだ外界から隔離されてリハーサルを積むことで、異形の変貌を迎えることになる。

バンドは自らの音楽性について“メロディック・デス・メタル”という表現を使っているが、それは我々の知るメロディック・デスとは一線を画するもので、メロディとデス・ヴォイスをフィーチュアしながらも、北欧ともアメリカとも異なったスタイルを確立。よりダークでプログレッシヴな世界観を築き上げている。

2007年にアルバム『The Frail Tide』でデビューを果たし、2作目の『Stone’s Reach』(2009)は本国オーストラリアのみならずヨーロッパ、ロシアでリリース。3作目『Of Breath And Bone』(2012)はアングラやドラゴンフォース、アモン・アマース、オーペス、カタトニアなどを手がけてきたイェンス・ボグレンがミックスを担当するなど、作品ごとに世界侵攻を進めてきた。

http://wardrecords.com/SHOP/GQCS90173.html