読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べビメタだらけの・・・

BABYMETALと音楽のまとめサイト

BABYMETALのベーシストがMステでの「当て振り」説に反論

NEWS

f:id:lastseen1013:20160423213205j:plain

 

CHECK
BABYMETALのバックバンドとして海外でも注目される神バンドのメンバーが『Mステ』での「当て振り」説にツイッターで反論した。

 

 

【エンタがビタミン♪】BABYMETALのバックバンド 『Mステ』での「当て振り」説に反論

 

 BABYMETALのバックバンドとして海外でも注目される神バンドのメンバーが『Mステ』での「当て振り」説にツイッターで反論した。当て振りとはボーカルでの「口パク」にあたるもので、カラオケ演奏にあわせて楽器を弾く振りをすることをいう。

音楽関係者など演奏に通じていなければ、テレビを視聴してそれを判断するのはなかなか難しい。根拠は不明だが『Mステ』に出演するバンドは「ほとんどが当て振り」という都市伝説のような噂もあり、4月22日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でBABYMETALが披露した新曲『KARATE』にもそんな声が出ている。

神バンドのベーシスト・BOHが同日、『BOH:6string Bass(BassistBOH)ツイッター』で「Mステでしたー! 生放送はスリリング! あとで録画を観てプレイをチェックするのが楽しみ。応援してくださった皆様ありがとうございました」とつぶやいたところ、「メンバーより暴れてましたね(笑)お疲れ様でした!」「姫達の間からしれっとカメラに後頭部を見せつけるプレイはさすがっす」などの反響があった。

そんななか「プレイってことは、当て振りじゃなかったってことですか?」「生演奏でしたよね?」「まさか生演奏とは思いませんでした…」という感想が見受けられる。

BOHが「ちょっと雑に弾いたらアテブリって言われなくなるのかな…←ちゃんと弾け」とつぶやいたのは、そうした声に気づいてのことだろう。その後はフォロワーと「弾かなかったら言われませんよ!」「同時に失うものも大きい」や「曲中でシールドを1回抜き差ししてみるとか…」「音を立てながらミュージシャン人生に幕をおろす方法」とやりとりして盛りあがった。

以前は歌手やバンドも生出演した際にはレコードやCDとは違った歌い方やアドリブを入れた時代もあったが、最近は音源どおりにパフォーマンスするのが主流となった。少し遊びを入れるとライブ感があってファンも喜びそうなのだが。日本でもBABYMETALの人気が高まってきただけに、次に神バンドが出演する機会があれば誰が見ても生演奏にしか思えぬ圧倒的なパフォーマンスを期待したい。

 

news.livedoor.com

Twitterの反応