新世代オルタナティヴ・へヴィ・ロック・バンド 「NOTHING MORE」

 

 

f:id:lastseen1013:20160322232835j:plain

 

 

2000年以降にデビューしたヘヴィメタルバンドを紹介

比較的メジャーなバンドをwikiなどを使って紹介する他力本願シリーズ!

(若干加筆している部分もあります)

第10回の今回は「Nothing More」です

 

 ナッシング・モア

 

Nothing Moreが、熱い声で世界を制圧!Eleven Sven Musicのトップが破格の契約を行った、世界が激賞する新人がテキサスから登場!!

f:id:lastseen1013:20160323004257j:plain

アメリカ・テキサス州サンアントニオで2003年に結成されたメタルバンド。

Korn、Linkin Park等のヘヴィネスにthe Mars Voltaの熱きエモーショナルなヴォーカル、Incubusの様な壮大さ、 Karnivoolのプログレッシヴなアプローチが融合。熱いヴォーカルを際立てるメロディー・ライン、アンセムのようなコーラス、美しい物部というべき表現力。全てが新人離れしている。インディーズにて4枚のアルバム

f:id:lastseen1013:20160323001050j:plain

2007年Save You/Save Me

f:id:lastseen1013:20160323001212j:plain

2009年The Few Not Fleeting

 

を発表後 、ロックに固執するEleven Seven Musicからリリースされるセルフ・タイトルでメジャーデビュー。

 

Nothing More

Nothing More

 

 

ロックを理解、サポートし続けるレーベルとして知られるEleven Seven MusicのCEOであるAllen Kovacがアルバム5枚という破格の契約した。

デビューシングルの「This Is The Time (Ballast)」 

ビルボード ロックチャート 2 位を獲得した

 

「ロック新時代の到来を告げるバンドの登場だ!」- Masa Itoh <Power Rock Today/ FM Fuji, Rock City/TVK TV-日本>

 

「独特なメロディー・センス、新人とは思えない確かで技術に裏付けられたパフォーマンス」-Kaz Hirose<BURRN!-日本>、

 

「Nothing MoreのJonny HawkinsはGavin Rossdale (Bush)とGeddy Lee(Rush)を融合させたモンスター級のシンガーだ!」- Randy Lennox<CEO/Universal Music Canada>

 

等数多くのコメントが寄せられている。

 

 

 MOTLEY CRUE、PAPA ROACH、ESCAPE THE FATEらビッグ・ネームたちが名を連ねるEleven Seven Musicから破格条件でデビューを果たした新世代オルタナティヴ・へヴィ・ロック・バンド、NOTHING MORE。

 メンバー

ジョニー・ホーキンス Jonny Hawkins – リードボーカル

f:id:lastseen1013:20160323003258j:plain

2003-2008まではドラムを担当。2003よりボーカル

 

ダニエル・オリバー Daniel Oliver – ベース

f:id:lastseen1013:20130915141037j:plain

 

マーク・ボレルンガ Mark Vollelunga – ギター

f:id:lastseen1013:20130915141023j:plain

 

べン・アンダーソン Ben Anderson – ドラム

f:id:lastseen1013:20160323004449j:plain

 

 NOTHING MOREこの曲!!

Nothing More – Jenny

1stアルバム「Nothing More」に収録

 

Nothing More – Mr. MTV

1stアルバム「Nothing More」に収録

 

日本絡みの記事

初来日インタビュー

 

Crossfaithもお気に入り

 

―最近聞いて印象深かったメタルアルバムは?

Crossfaith:アメリカのバンドNothing Moreのアルバムが本当に素晴らしかった。

 

初来日公演が武道館

CHEAP TRICKとかDREAM THEATERのライヴDVDを観て武道館という場所は知っていたとのこと

 

出典:

http://tower.jp/item/3618445/Nothing-More

 https://en.wikipedia.org/wiki/The_Few_Not_Fleeting

 

 

以上。

次回に続かないかも

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!

grunge-metal

グランジ世代の元バンドマンが BABYMETALと音楽NEWS、メタルのまとめしてます

あわせて読みたい

フィードバックはありません

  1. Priest is back より:

    はじめからメタルがメイン、がBABYMETALが他のアイドルと一線を隔すものだったから、第1章がアイドル活動完了は頷ける。第2章が欧米へ武者修行も頷ける。今年第3章はYUIMOAのさ学卒業により、純粋なアーティストBABYMETALで活動する事だったのでは。
    来年第4章は、すぅの高校卒業で拠点をアメリカに移し北米サーキットと海外スタジオでの2ndアルバム作成ではなかろうかと思います。ウエンブリー成功すれば、北米でヘッドライナーツアー組めるアクトになるかも。CDの海外販路の確保や、事務所設立もすべては海外でBIGになる為の準備ですね。
    紅白出れるのも今年が最後かもしれない。できれば出してやって欲しいな。
    当然、国内ツアーは減るでしょう。まあ来年はアリーナかドーム・ツアーでしょうけど。

  2. 匿名 より:

    カワイイ女の子とメタルが不思議にマッチすることをヴィクトリアズ・シークレットのランウェイで発見したよ。
    ミランダ・カーがまだ歩いてるころにね。
    BABYMETALでそれを確かのものとして確認できてうれしい。
    本気で世界征服を願ってるよ。

  3. 名無し より:

    凄いよね。
    5年以上活動して、さらに海外公演も成功させてる。
    きちんと実績を残す事がどれほど困難か、俺たちおっさんは身に染みて分かってるだけに本当に凄いと思う。

  4. NANASHI-METAL より:

    ※1
    自分も同感。
    紅白出るタイミングとしては今年しかないんだよね。
    正直、来年以降はBIGになりすぎてて、逆に出るのが容易ではなくなると思う。

  5. 匿名 より:

    いつまで続けるんだろう?ここまで行ったから解散だとか、sumetalがソロと活動し始めるとかならんのかな?出来ればずっと続けて欲しいし、行けるとこまで行って欲しい。あと神バンドもそろそろ固定にすればいいんじゃないか。

コメントを残す