2011年彗星のように現れ、メタル・シーンの話題をかっさらったスウェーデンのヘヴィ・メタル・バンド「AMARANTHE」 | べビメタだらけの・・・

2011年彗星のように現れ、メタル・シーンの話題をかっさらったスウェーデンのヘヴィ・メタル・バンド「AMARANTHE」

 

f:id:lastseen1013:20160223233535j:plain

 

2000年以降にデビューしたヘヴィメタルバンドを紹介

比較的メジャーなバンドをwikiなどを使って紹介する他力本願シリーズ!

(一部加筆している部分もあります)

第5回の今回は「AMARANTHE」です

アマランス

 

アマランスは、スウェーデンのヨーテボリスから突如現れた女性ヴォーカルEliza率いる変則3ヴォーカルのヘヴィ・メタル・バンド。 当初のバンド名は「Avalanche」だったが、同名バンドがいたため著作権の問題上、Amarantheに改名した。 スクリーム・ボーカル、クリーン・ボーカルの男女、という3人のボーカルを擁するモダン・メタルコア・スタイルが特徴。

f:id:lastseen1013:20160223235244j:plain

 

2011年に7月に初来日公演を行い、10月にはLOUD PARK 11に出演している。

 

2013年5月にも来日公演を行なった。 2013年10月18日にアンドレアス・ソルヴェストロームが脱退し、スカーポイントで活動歴のあるヘンリク・エングルンドが加入した。 2014年10月15日にMassive Addictiveをリリースし、16日に来日し18日に日本LOUD PARK 14に出演している。

 

アマランス Amaranthe (2011年)

Amaranthe

Amaranthe

 

 

ザ・ネクサス The Nexus (2013年)

Nexus

Nexus

 

 

“Massive Addictive” (2014年)

Massive Addictive

Massive Addictive

 

 

アマランス (バンド) – Wikipedia

 

 現在の音楽シーンで、アマランスのようにたった2年で事実上無名の状態からハードロック/メタル界で世界的に有名になるほどのビッグなブレイクを果たすのは、大きな偉業である。

http://www.universal-music.co.jp/amaranthe

 メンバー

ジェイク・E (Jake E) – リード・ボーカル (2008年 – )

f:id:lastseen1013:20160224004950j:plain

 

エリーゼ・リード (Elize Ryd) – リード・ボーカル (2008年 – )

f:id:lastseen1013:20160224005646j:plain

スモーランド地方ベーナム出身、1984年10月15日生まれ。

2003年、パワー・メタルバンド Falconerの3rdアルバム 『The Sceptre of Deception』のレコーディングに、バックボーカルとして参加したのが、歌手活動の始まり。2005年の4thアルバム 『Grime vs. Grandeur』にも参加している。

その後、スウェーデンの港湾都市 Gothenburg ヨーテボリのクラブで、バンド DreamlandのJake Eと出会い、『Fade Away』のレコーディングのボーカルとして、エリゼ・ライドに依頼。

このJake Eが、メタルバンド Nightrage と Dragonlandのギタリスト Olof Mörckを紹介し、2006年、Dragonlandの4th アルバム 『Astronomy』に収録された3曲にも、ボーカルで参加。

様々なメタルバンドの収録に参加し、広く知られ、この分野を代表するシンフォニック・メタルバンド Nightwishが、当時の女性リードボーカル Tarja Turunenに代わり、メンバーとして迎えようとするが、経験の無さなどから断っている。

ヨーテボリ演劇学校を卒業後、Jake EとOlofにリードシンガーとして誘われ、結成されたバンド Avalancheに加わる。これが、後に法的な理由から改名し、Amaranthe アマランスに。

 

ヘンリク・エングルンド (Henrik Englund) – グロウリング (2013年 – )

f:id:lastseen1013:20160224005915j:plain

 

オロフ・モルク (Olof Mörck) – ギター、キーボード (2008年 – )

ベース (2008年 – 2009年)

f:id:lastseen1013:20160224010031j:plain

 

モルテン・ローヴェ・ソレンセン (Morten Løwe Sørensen) – ドラム (2008年 – )

f:id:lastseen1013:20130719222551j:plain

 

ヨハン・アンドレアセン (Johan Andreassen) – ベース (2009年 – )

f:id:lastseen1013:20160224010345j:plain

 

 AMARANTHEのこの曲!!

Amaranthe – Digital World

ポップでキャッチーなノリの良さが印象的

 

Amaranthe – The Nexus

 

日本絡みの記事

初来日時のインタビュー

バンド結成からデビュー・アルバムがリリースされるまでの道のりなど

 

こちらは最新来日情報

 

 

以上。

次回に続きます

f:id:lastseen1013:20160217022035j:plain

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!

grunge-metal

グランジ世代の元バンドマンが
BABYMETALと音楽NEWS、メタルのまとめしてます

フィードバックはありません

  1. 名無し より:

    アイドル横丁の話は、最初読んだときは
    ハロオタ限定だったのにドルオタになってるし、でんぱが隙間に入れてくれたか呼んでくれたのが、かばってくれたになってるし、読むたびに表現が大げさになってる。

  2. 匿名 より:

    ↑じゃあソース示して修正すればよろしい
    (まあ、そもそもその話もあくまでネットの報告であって確定した事実でもないしな)
    明確なのはゆいもあと楽屋で遊んでくれたこととベビメタのライブを見て楽しんでくれていたこと
    ただメイトとしてはあの時期にそういう対応してくれていたというだけで十分よ

  3. 名無し より:

    かばってくれたって表現がしっくりこなかったのと、ドルオタしかいない現場(アイドルフェス)なのに「ドルオタが」って範囲が広い書き方が変だなって思ったもので。それだけです

  4. 名無し より:

    あと、読むたびに話が変わってるって言いたかっただけで、不確定なネタですし特定のオタをディスりたい訳では有りません、念のため。

  5. 匿名 より:

    じゃあ最初からそういう風に書けばよろしい
    弁解レスするくらいならね

  6. 名無し より:

    めんどくさいヤツ・・・

  7. 名無しだっちゃ より:

    もがちゃん可愛いので・・・・・許す。

  8. 暇人 より:

    前にソース元の動画普通に見れてたんだけどね、いつのまにか削除されてたね。
    参加グループ全員がステージ上に並んで挨拶する時に、客席からベビメタ邪魔だからどけよって大きな声でどなったやつがいた。3人はどうして良いか解らずその場で動きが止まってしまった。他のアイドルグループいっぱいいたけど冷笑を浴びせるだけで無対応。その時にステージ向かって一番左側にいたでんぱ組の人が(メンバーの名前は忘れた)大きな声でこっちにおいでと声をかけた。ベビメタの3人は急いででんぱ組の横に入った。こんな感じだったと思うよ。
    その当時ゆい&もあは小学生で参加者中一番年下だったと思う。記憶違いかもしれないが、その時に3人が着ていた洋服と他のグループの子たちとの背の高さの違いにかわいそうで思わず涙ぐんだよ。

  9. より:

    ライブに参加された方ですか。中華サイトでならアイドル横丁で動画が出てきますよ

  10.   より:

    まあいくら弁解してもハロヲタがクズであることに変わりはない

コメントを残す

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status