読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べビメタだらけの・・・

BABYMETALと音楽のまとめサイト

マーティ・フリードマンがアイドル業界の今を語る

NEWS

 

f:id:lastseen1013:20160207184302p:plain

 

 これまでにAKB48を筆頭に、数々のアイドルとの共演をはじめ、昨年の「Animelo Summer Live 2015 -THE GATE-」にはサプライズゲストとして、七森中☆ごらく部とコラボレーションしたことでも話題になった世界的ギタリスト、マーティ・フリードマン。アイドルファンには、『アイドルお宝くじ』(テレビ朝日)の番組ナレーターとして、馴染みが深いかもしれない。そんな彼が、飽和状態と心配される現在のアイドル業界について、新しい知見を語った。アメリカ人のマーティ・フリードマンには、日本のアイドル業界はどのように映っているのだろうか。

■2015年はアイドル業界にとって“健康的”な年だった

――2015年は、その年を代表するアイドルがみられなかったように感じるのですが、今のアイドルシーンはマーティさんに、どのように映っていますか?

マーティ・フリードマン(以下、マーティ) アイドルたちが、さらに発展していますね。アイドル界がどんどん強くなっています。どの面からみても、全体的にクオリティーが高くなっている。音楽の幅の広さというか、いろんなジャンルのアイドルが出てきて、さらに競争が激しくなりました。例えば、でんぱ組.incのアルバム『WWDD』は、ディープな音楽に発展しました。J-POPや普通のアイドルの曲よりもさらに日本的になり、エキサイティングです。また、味が濃い。聴いた瞬間に、「でんぱ組.incじゃん!」とわかる強いアイデンティティがあります。同様に、乃木坂46や私立恵比寿中学なども、どんどん存在感が大きくなっているし、ファンも以前よりさらに激しく応援しているらしいので、全体的にアイドル界がパワーアップしています。だから、どのアイドルが目立っているというのは、言えないですよ。

――それは、今まではAKB48が突出していたけれど、今はアイドル業界全体が底上げされてきたということでしょうか?

マーティ そうそう。もちろん、AKB48は鉄板ですけどね。僕は、いくらかわいくても、いくら演出がよくても、曲が基本だと考えているので、つねに一貫性を保った曲を出し続けているのは、やはりAKB48です。だから、みんなAKB48のクオリティーを目指しているわけ。でも今は、狭いジャンルに分かれたアイドルたちも生まれています。爆発的に話題になったヘヴィメタル系アイドルのBABYMETALがいますが、彼女たちのようなアイドルが自分たちのアイデンティティや味を出しているので、“健康的”な音楽の世界になっていますね。

――マーティさんが面白いと思ったジャンルのアイドルはいますか?

マーティ R&B系とか、ラップ系とか……実際に入っている要素は“果汁2%”くらいですけど。いろいろなジャンルがありますよ。あと、ちょっとだけぽっちゃりとか。Chubbiness(チャビネス)というアイドルユニットをご存知ですか? “ぷに子”というジャンルなんです。どんなジャンルにも、それを好きな誰かがいるみたい。アイドルは、相当自由な世界なんでしょうね。セクシー系アイドルや、大人系アイドルとか、いろいろいますよね。

 エレクトロニック系も元祖のPerfumeがいたから、その後、Perfumeの影響を受けていろいろな電子音楽系アイドルも出てきていますし。どんなジャンルでもアイドルが生まれているから、アイドルたちに“欲”があるんじゃないかな。聴いている人たちも飽きないと思います。とにかくみんな頑張っている。昨年2015年は、一番アイドルにとって健康的な1年間だったから、今年もアイドルファンの期待が非常に高い年になると思いますね。

――今年、期待しているアイドルはいますか?

マーティ 大物のアイドルが、今のクオリティーをキープできるのか、ワクワクしています。AKB48とか、ももいろクローバーZとか、でんぱ組.incとか。このあたりがクオリティーをずっとキープするのは、大変なことだと思います。でも、今まで裏切られたことはないから、非常に期待していますね。もし、僕が手を加えられるなら、僕なりの味を入れたいです。

――それはどんなものになりそうですか?

マーティ 曲作りとか、ギタープレイとか。僕はアメリカ人ですが、邦楽が大好きなので、いろいろなアイドルと気が合うと思います。今年はどんな形になるか分からないけれど、去年はけっこうアイドルたちとの共演が多くて、どれも場違いと思わないくらい面白かったですね。AKB48さん、HKT48さん、ももいろクローバーZさん、男性アイドルの超特急さんと共演したり、「Animelo Summer Live 2015」も出たり、パッとみたらやっていることが幅広いのですが、個人的にはアリだと思っています。僕の邦楽に対する深い気持ちが共通点だと思えば、馴染みやすいんです。今年はどうなるのか、ワクワクしていますね。海外との架け橋になってもいいと思います。

■アイドルが海外進出する際の武器はカタカナ英語!?

――最近は、海外進出をするアイドルも増えてきましたが、日本のアイドルが海外進出する上で必要なことは何でしょうか?

マーティ いい質問ですね。ちょうど昨日、アメリカ人からの取材を受けましたが、彼は日本の音楽を知っていると話したんです。それで、「何を知っているんですか?」と聞いたら、「名前は知らないけれど」と言って振り付けをみせてくれるのです。でも、わからず、結局、プロモーションビデオを説明してくれたところで、ようやく「それはBABYMETALだよ」それはBAND-MAIDだよ」とわかりました。つまり、海外の人は、動画をみても、何をみているのかわからないという現象があるんですよ。だから、海外進出をするなら、もっとわかりやすいプロモーションビデオの内容とか、曲名とかにして、外国人の“何をみているのかわからない”という壁を乗り越えなければならないでしょうね。おそらく、今、その壁を乗り越えているのは、BABYMETALでしょう。

 どうやって乗り越えるのかというと、いろいろな方法があると思いますが、例えば、モーニング娘。’15の「One and Only」みたいに、アイドルが曲を全部英語で歌うのは、コンセプトとしていいかもしれないですが、その発音や言葉が大事だと思います。あまりに英語が完璧過ぎると面白くない。でも、何を言っているのかわからなければ、それも面白くない。だから、とてもシンプルなカタカナ英語がいいと思います。アメリカ人として、それがキュンと来るんですよ。僕からすれば、流暢な英語よりも、カタカナの簡単な英語の方が、すごくドキドキする。もちろん、みんな歌うとき、話すときに上手な英語を目指していますが、上手な英語はあまり面白くない。僕も、日本語はあまり優秀じゃないけれど、“カワイイ”と思われるほど、ヘタクソでもないじゃん。でも、あまり日本語が上手でない外国人は、かわいいじゃん! そういうのを英語でも守らなければならないと思います、アイドルはね。

――それは、“萌え”にも通じるものがありそうです。

マーティ そうです、その通りです。でも、アメリカに“萌え”という現象はありません。アメリカ人は萌えないので、徐々に“萌え”を耕さないとダメですね。別の入り口から入るようにする必要がありますが、そのうちに萌えてくると思いますよ。最初は普通に日本語で歌って、時々カタカナ英語とか。例えば、BABYMETALの「ギミチョコ!!」とかね。これはかわいくみえる。だから、こういう決まり文句や完全なカタカナ英語でもいいと思います。

――そうしたものが、日本のアイドル文化が海外に行くきっかけになるのですね。

マーティ 日本の文化は、アイドルよりもアニメの方が大きいですからね。日本のアニメは、アメリカで非常に流行っていますから。

――今、アニソンを歌うアイドルも増えてきていますよね。

マーティ それはいい入り口だと思います。アニソンは、アイドルの海外進出の大きな入り口になるでしょう。

――最後に、マーティさんが考える、これからのアイドル業界をより盛り上げる方法を教えてください。

マーティ 盛り上げというよりも、現状が一番いいと思います。今、アイドルが流行っているから、みんなやりたがりますよね。でも、始めようと思ったら、今のアイドル業界はアイドルがあまりにも豊富だから、なにか面白い角度からやらないと、割り込めないんですよ。だから、みんな自分なりの相当な想像力が必要でしょうね。お掃除ユニットのCLEAR'Sや釣りアイドルのつりビットみたいに。アイドル業界は、日本のレストラン業界と同じように競争が激しいんですよ。でも、レストランが多ければ、競争が激しいおかげで、どの店に行ってもおいしいでしょ? でも、レストランが1店しかなければ、まずくてもそこに行くじゃん。日本のレストラン業界は、競争が激しいので、クオリティーが高いんです。それと同じように、今、日本のアイドル業界は、大物も多いし、ニューフェイスも多い、とても素敵な状態なんです。このまま続けば、素晴らしいものが築かれていくと思いますよ。

――昨今、アイドル業界は飽和しているから先がないとも言われていますが、レストランに喩えると、新しい見方がみえてきますね。

マーティ アイドルの人気がなくなるという心配は、僕も聞くことがありますが、今の状態はとても“健康的”だと思いますよ。でも、一番大切なのは楽曲。いい曲がないと、全部潰れちゃうと思う。でも、今はその心配はとりあえずないですね。あまり知られていないアイドルでも、けっこうキャッチーな素晴らしい曲があるので、曲さえよければ、アイドルの世界は絶対に続いていくと思います。
(取材・文/桜井飛鳥)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160207-00010006-otapolz-ent

 
510: 2016/02/07(日) 15:53:38.07
マーティー果汁~%とはうまい事を言うね
感心した
確かに邦楽はファンタグレープみたいな飲み口が多いや


511: 2016/02/07(日) 16:14:35.74
振りとMVの説明で区別ついたって話やん


513: 2016/02/07(日) 17:09:45.83
マーティもお世辞が日本人以上に上手くなってるw 

 >AKB48とか、ももいろクローバーZとか、でんぱ組.incとか。
>このあたりがクオリティーをずっとキープするのは、大変なことだと思います。
>でも、今まで裏切られたことはないから、非常に期待していますね。

嘘やんw
AKBとでんぱはマトモに聞いたことないけど、
も〇〇〇のKISSとのコラボは酷かったぜ?wwww 

 
516: 2016/02/07(日) 15:53:38.07
楽曲のクオリティでしょ。
AKBはコンペの競争でそれを得てる感じがする。
まるっっっきり好みじゃない曲が多いが、手は抜いていない。
握手や投票でどれも売れるんだから、もっとテキトーになりそうなもんだけど
楽曲提供決まれば、巨額の印税が入るからか作り込みはしっかりしてる。
ももクロのWe are bornもなかなかキャッチーで面白かった。
ああいう種類の歌い方をよく研究した曲に仕上がってる。

ただ、ほとんどがフィニッシュが弱い。もっと、歌い込めよーと思う。


522: 2016/02/07(日) 16:14:35.74

日本で仕事してるのにAKBやももクロとか
仕事くれるクライアントの悪口は言えないわなw 

 

引用元:

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/babymetal/1454708791/