読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べビメタだらけの・・・

BABYMETALと音楽のまとめサイト

世界征服への道 「BABYMETALの軌跡 2010~2012」

BABYMETALの軌跡

 

f:id:lastseen1013:20140813035842j:plain

 

2010年

f:id:lastseen1013:20140812230923j:plain

 

2010年11月28日、 「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成。女性アイドルグループのさくら学院から派生したクラブ活動ユニットのひとつである“重音部”としてスタートし、目標は世界征服としている。

 

メンバーはSU-METAL(中元すず香 1997年12月20日 中学1年生)、YUIMETAL(水野由結 1999年6月20日 小学5年生)MOAMETAL(菊地最愛 1999年7月4日 小学5年生)の3人。

 

2010年に行ったBABYMETALのライブは一回。横浜赤レンガ倉庫 1号館3Fホールで行われたさくら学院祭☆2010のみである。持ち歌も“ド・キ・ド・キ☆モーニング”の一曲のみだった。またこのときはまだバックバンドがおらず、カラオケ状態のライブだった。

BABYMETAL debut day in Sakura Gakuin (November 28,2010) Doki Doki☆Morning - YouTube

 

2011年

f:id:lastseen1013:20140812232330j:plain

2011年10月24日、インディーズデビュー曲である「ド・キ・ド・キ☆モーニング」がYouTubeを通して日本以上に海外で注目を集めた。

 この年のライブ活動は、4本のイベント出演して2曲だけパフォーマンスして終わった。 持ち歌は“イジメ、ダメ、ゼッタイ”が加わる。

 

2011年8月27〜28日 TOKYO IDOL FESTIVAL 2011

 

 

2011年10月12日 タワーレコード新宿店のオープン13周年を記念したライヴ・イヴェントに参戦。

f:id:lastseen1013:20140812233536j:plain

 

2011年10月24日「ド・キ・ド・キ☆モーニング」リリース

BABYMETAL - ド・キ・ド・キ☆モーニング - Doki Doki☆Morning (Full ver.) - YouTube

making of doki doki morning - YouTube

メディアにも取り上げられ、メタルファンからも存在を認知されるようになり、このときからYOUTUBEにアップされたミュージックビデオをきっかけに海外の人々にも興味を持たれ始める。

2012年

f:id:lastseen1013:20140812234711j:plain

この年からライブの本数も前年の何倍にも増え本格始動!!シングルも2枚発売。

2012年1月20日発売の雑誌「SWITCH」には、元MEGADETHのギタリスト、マーティ・フリードマンとともに誌面に登場 。

f:id:lastseen1013:20111212123615j:plain

 

2012年1月9日 WOMEN'S POWER 20th Anniversary出演。

BABYMETAL - いいね!- Iine! - Live in TOKYO 2012 - YouTube

 

2012年3月7日(水)リリースのNew Sprit SingleBABYMETAL×キバオブアキバのリリースを記念して、タワーレコード新宿店とのコラボ企画『NO MUSIC, NO IDOL?』

f:id:lastseen1013:20140813013847j:plain

2012年3月12日 MUSIC ON! TV「オリエンタルラジオのツギクルッ!」ゲスト出演。

BABYMETAL 神降臨?修正版1 - YouTube

 

 2012年3月7日にBABYMETAL×キバオブアキバ(“いいね!”と“君とアニメが見たい ~Answer for Animation With You”が収録されてある)を発売。

f:id:lastseen1013:20140813011741j:plain

 

2012年4月6日 「15分一本勝負!!~見えづらくってゴメンなさい!!~」 @ タワーレコ―ド渋谷

BabyMetal Legend "Z" Kimi To Anime Ga Mitai 君とアニメが見たい Live HD - YouTube

 

2012年4月8日 アイドル横丁祭!!~生バンドスペシャル!!~

babymetal - dokidokimorning / iine 120408 at shibuya ax - YouTube

 

2012年7月4日にはインディーズ最後のシングルヘドバンギャー!!を発売した。
シングル未収録曲ではBABYMETAL DEATHおねだり大作戦(翌年のシングル“メギツネ”の初回限定盤に収録される)が持ち歌に加わっている。

BABYMETAL - ヘドバンギャー!!- Head Bangya!! (Full ver.) - YouTube

 

2012年7月7〜8日 ヘドバンギャー!!のリリース記念ツアー「ヘドバ行脚ー!!」を7月7日に大阪・難波ROCKETS、翌日8日に名古屋ell.SIZEで開催。

f:id:lastseen1013:20120911192354j:plain

f:id:lastseen1013:20140813033147p:plain

 

2012年7月4日 音楽ニュースサイト・ナタリーで日米メタル対談が実現。メタル界の先輩であるアニメタルUSAにさまざまな質問をぶつけていく形で展開。この日初対面を果たした2組が、お互いの音楽をリスペクトしながら仲を深めていく様子を追っている。

f:id:lastseen1013:20140813023649j:plain

 

2012年7月14日 タワレコ渋谷店インストイベント「ウ・キ・ウ・キ☆アフタヌーン」では、DJダイノジを臨時コーチに迎え、BABYMETALがDJやエアギターに挑戦し、いつものライブとは違ったリリース・パーティを行った。

f:id:lastseen1013:20140813024248j:plain

 

2012年7月21日 メタルの聖地・目黒鹿鳴館にてプレミアムライブ「LEGEND 〜コルセット祭り」を開催。「伝説のコルセット」を着用してライブに臨み、オープニングナンバー「ド・キ・ド・キ☆モーニング」からライブはスタート。1曲目からクライマックスと言えるような盛り上がりで、メタルの聖地・目黒鹿鳴館を独特な空気へと導いた。

LEGEND〜Corset festival「Headbangeeeeerrrrr!!!!! 」 BABYMETAL(July 21,2012) - YouTube

 

2012年8月19日 『SUMMER SONIC2012』2日目の東京会場に出演。サマソニ史上最年少出演者を記録する。
出演したステージは幕張メッセの“SIDE-SHOW MESSE”。お笑い芸人やトリビュート・バンド、駆け出し中のミュージシャンらが出演するサブイベント・ステージだがBABYMETALは見事そこから出世することに。

f:id:lastseen1013:20140813015458j:plain

 

2012年8月20日 SuG VS たむらぱん VS BABYMETALでは〈ワルキューレの騎行〉が鳴った途端、場内に異様なテンションが立ちこめるなか、フラッグを掲げながらステージに入場。バック・バンドを従えて、フロアが大きく揺れます。みんなでヘドバンをキメまくった“ヘドバンギャー!!”であっという間に終了。

f:id:lastseen1013:20140813025701j:plain

 

2012年10月6日は神バンド”が加わり、ライブで念願の生演奏が披露されることとなった 初のワンマンライブ「I、D、Z ~LEGEND "I"」ではMCがなく怒濤の曲をこれでもかと元気いっぱいのパフォーマンスでフロアを沸かせ、最後に「See you!」と挨拶してステージを降り、初のワンマンライブを大成功に

 

11月には初の海外公演を実施。シンガポールでのアニメフェス「Anime Festival Asia Singapore 2012」に出演。他にT.M.Revolution、FLOWなどが出演している。


この年の最長ライブはSU-METAL15歳の誕生日の12月20日に赤坂BLITZで行われたI、D、Z〜LEGEND“D”SU-METAL聖誕祭
レパートリーはグッと増えたがそれでもワンマンライブをやるにはまだ足りてないのでカバー曲で補っている(“翼をください”、SPEEDの“White Love”)。

モッシュするファン、クラウドサーフするファンの姿も見受けられ、会場はアイドルのライブの枠を超えた雰囲気に包まれた。